マクロビオテック初心者

アクセスカウンタ

zoom RSS 陰と陽(梅しょう番茶)

<<   作成日時 : 2006/07/14 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

写真は本文と関係ないですが、豆乳ヨーグルトアイスです。まだ市販のアイス(果汁100%のチューチューアイス)よりは人気が劣りますが、子どもたちは時々食べています。

さて、マクロビの食事には「陰と陽」という大事な考え方があるようです。私は最初「動物性食品だけを抜けばいいや」と思って、肉や魚の代わりになるメインディッシュを中心に代替料理にチャレンジしてきたわけですが、子どもたちの体調はとてもよくなってきたものの(最近仕事が忙しくて外食や麺類が多くなってきたら、また息子の鼻がぐずぐず詰まりだしたので、慌ててしっかりした食事を作るようにしました)、私の方がどうもスタミナ切れを感じるようになってきました。

仕事柄睡眠時間を削って夜働かなければならないことが多いのですが、起きていられなくなり(まあそれが普通といえば普通なのですけど)、眠くなって困ったな〜と思っていました。

どうも、これは「陰と陽」のバランスを無視して、動物性食品だけを抜いた食事法に問題があったようです。

肉や魚は「陽」の強い食品ということらしいです。これまでの食生活から陽の食品だけを抜いて、相変わらず甘いお菓子とかはちょくちょく食べて、生野菜サラダばかり食べていたら・・・あっという間に身体は陰性に傾いてしまいます。

身体が陰性に傾くと、疲れやすく、だるくなると書いてあり、納得しました。子どもはもともと陽性なのでいいわけですが(息子はひどい貧乏ゆすりがなくなってきました。鼻炎といい、以前は動物性食品の取りすぎが問題だったもよう)、私の方は陰性が強くなってしまったわけです。

そこで、心がけて陽性のものをとるようにしようと、お昼には玄米ご飯に梅干を食べるようにし、根菜類やひじきなどの海草をなるべくとり、そして陽性の飲み物として「三年番茶」、だるいときには「梅しょう番茶」をとるようになって、だんだんスタミナが戻ってきました。

三年番茶というのは3年以上生育したお茶の木からとった葉を焙煎したものだそうです。オーサワジャパンの赤い袋の三年番茶が一番陽性が高いと「自然派ママの食事と出産・育児」に書いてありましたが、私のはアニューで買ったものです。

水2リットルに大さじ2杯を30分くらい弱火で煮だしてからポットに入れて飲んでいます。沸かしたてのものは梅干と醤油を少々たらし、しょうが汁を少し入れて「梅しょう番茶」にして、身体を陽性にもっていくようにしています。

マクロビオテックはベジタリアンとは似て非なるもので、動物性食品を抜けばいいというわけではなく、自分の体調をみつつ、それに合った食べ物を選んでいくことが大事なのだな〜と思います。まだまだ奥が深い世界なのですが、少しずつ、陰と陽のバランスを、自分や家族の体調をみながら考えていけたらいいなと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
陰と陽(梅しょう番茶) マクロビオテック初心者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる