マクロビオテック初心者

アクセスカウンタ

zoom RSS 健康情報のウソ・ホント〜その3〜

<<   作成日時 : 2009/03/25 01:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

今回の主張は、「ソース(情報源)を明確にしよう」ということである。

ネットには健康情報があふれているけど、又聞きのそのまた又聞きのそのまた又聞きみたいな、聞きかじった情報(ほとんど都市伝説レベルの情報)をあたかも自明の理、あるいは周知の事実、すでに証明された事実として断言しているものが多すぎる気がする。

「〜であることが科学的にも証明されています」

・・・などと書いてあると、ちょっと待って。誰がいつ言ったの。と、突っ込みたくなる。

まだ引用した著作名が出ているのはマシな方だ。
しかし著作をあたると、データも何も提示せずに言い切っている文章だらけのものや、参考文献が全く挙げられていないもの、あるいは参考文献が載っていても週刊誌の名前ばかり(笑)というお粗末なものまであって納得しないことが多い。

読者はそんなに疑り深くないものと考え、データのソースを示すことは読む方にとってもわずらわしいと思っているのかもしれないが、そこはきちんとした本を出すつもりなら端折ってほしくない部分である。
私たちももはや本に書かれているからといって正しいこととは限らないことがわかっているのだから、本当にそういいきれるのかどうか、その元データをあたることができるようにしておいてもらいたい。

根拠なく言っている部分については、もう読む価値もないものだと思う。
(少なくとも科学的な話をしている部分は)

*  *  *
ちょっとネットで見た文章。
『牛乳はモー毒?』という本について、書かれたものだった。
(この本は、私もマクロビカフェで読んだことがある。『肉はあぶない?」とか『白砂糖は魔薬!?』とかと同じシリーズ。)

この本は、牛乳には害があると主張している。
その根拠として書かれているのが

・白内障の原因として、牛乳・ヨーグルト・チーズのガラクトースが水晶体に沈着し混濁するから起こるとされる

・牛乳を飲み続けることで骨粗鬆症の発生率が高まるとも言われている。
世界で一番牛乳を飲むノルウェーでは骨粗鬆症の発生率が日本の5倍だそう。

・牛乳は、日本人は戦後から飲むようになり、その結果増えた病気が脳血管障害・ガン・心臓病の三大疾患、アレルギー疾患、糖尿病・白血病・乳幼児突然死症候群・心の偏り・自閉症など戦前には、ほとんどなかった病気が激増している。

・牛乳を飲むと生活習慣病になる人が増えるか?と言えば血液の中のアテローム硬化による

・犯罪や異常行動が増加している現代ですが、実は、この現象も牛乳の過剰摂取と因果関係があるそう。

・牛乳100gの中にはカルシウムが110mg含まれていますが
これが、大根の葉っぱだと260mg、2倍以上。
小松菜:1,5倍、昆布:6,5倍、切干大根:5倍、
ひじき:14倍、わかめ:7倍・・・となるそう。

などのことである。
* * *
この本はマクロビ実践者の間ではけっこう有名なので、ブログ検索するとたくさんのブロガーが引用している。彼らの中では上の説は常識のようになっているようだ。

そして別サイトには、上の本のおかしさを指摘する文章が載っていた。

牛乳は本当にモー毒か!?A
http://blogs.dion.ne.jp/doramao/archives/7718807.html
牛乳は本当にモー毒か!?B
http://blogs.dion.ne.jp/doramao/archives/7742211.html

このサイトによると
・白内障が発生するのはガラクトース血症という先天性の酵素欠損症の方で、多くの人は問題ないはずである。ネズミの実験で白内障が発生されたとしているものも、体重1kg当たり300g以上のヨーグルトを1日に与えたものだそう。(50kgの人なら1日15kg以上のヨーグルトか。どう考えてもそんなに食べられないのでは?)

・ノルウェーは世界で一番牛乳を飲んでいる国ではない。フィンランド、デンマーク、オランダ、スウェーデンといった国が常に上位に位置している。
 骨粗鬆症5倍の件だが、このようなデータは見つけられない。大腿骨頸部骨折の発症率とすり替えていないか?

・血液の中のアテローム硬化についていえば、血中脂質の問題は脂質よりも糖質摂取量の方が影響が強いらしい。牛乳を問題にするのであれば、飽和脂肪酸の割合とトランス脂肪酸を問題にすべき。

・・・などなど(興味ある方は上のリンクをたどって読んでみてください)。

どうしてこうした180度違う見解が出てくるのかというと、やはり著者と反論者がソースを共有していないことが原因だと思う。
どこからひっぱってきたデータなのか、それをはっきり示さないと、それぞれが違う情報源を見て、ノルウェーは世界一の牛乳消費国だとか、骨粗鬆症5倍だとかいうこと自体に信憑性がなくなる。

あと、上のブログの著者の意見を読まなくても、私が自分で読んだだけでおかしいと思うところはすぐにいくつか見つけることができた。

まず、「日本人が戦後から牛乳を飲むようになった→その結果戦前にはほとんどなかった病気が激増している」
という流れがあまりに短絡的すぎ。
戦後から牛乳を飲むようになった→その結果寿命が飛躍的に延びた。という説も成り立つのだ。

穀類中心の粗食で多かった結核などの感染症や脳卒中が減り、昭和50年代に死亡率第一位はガンに変わった。
ガンは老人になるほど多く発生するため、ヒトが長生きになればガンが増えるのである。
(年齢調整を行うと、ガンによる死亡率は低下している。男女とも胃がんが減り、女性は子宮ガンが減っている)
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2080.html
また、「乳幼児突然死症候群・心の偏り・自閉症など戦前になかった病気」は、戦前には診断されなかった(そうしたカテゴリーがなかった)病気」というべきだろう。
いずれにしても牛乳だけですべてを語ろうとするのには無理がありすぎ。戦前と戦後で変わったのは牛乳の摂取だけじゃないでしょう。

さらに、仮に病気と牛乳の摂取に相関関係があったとしても、それだけでは因果関係があるとはいえないのは統計学の基本である。
何度も言うように、相関関係=因果関係ではないのだ。
(たとえば老人1000人を対象に1日に牛乳を飲む量と骨粗鬆症の有無について調査をしたとする。仮に牛乳をたくさん飲む人に骨粗鬆症患者の割合が多かったとしても、牛乳を飲むから骨粗鬆症になると短絡的に結びつけることはできない。骨粗鬆症だから牛乳をたくさん飲めと言われて飲んでいる人が多いかもしれないではないか?)
北欧諸国は日差しが弱いために、カルシウム吸収を助けるビタミンDが不足しがちで、骨粗鬆症が多いから、牛乳をたくさん飲むことが奨励されているとか、そういうことがあるかもしれないじゃない?
いずれにせよ、これだけの情報からは因果関係は語れないのである。

それと「犯罪や異常行動が増加している現代ですが」・・・というのは、すぐにわかる間違い。増加していない。報道が細かくされるようになったのでそういう印象を与えているだけだ。

幼児虐待でも、「最近の母親は、自分の子どももまともに育てられない・・・」などといわれるが、実際日本で親の子殺しが一番多かったのは昭和20年代(年間200人以上)で、現在では少子化のせいもあり?年間20人前後と確実に減少している。件数が少ないからこそひとつひとつの事件が報道で細かくとりあげられ、クローズアップされるので増えたような印象を与えるのだ。
http://kodomo.s58.xrea.com/gbaby.htm
未成年の殺人件数も減っている。
http://kangaeru.s59.xrea.com/G-Satujin.htm
「殺人事件(子殺し)が減っています」というのではニュース性に乏しいからかな。全然強調されていない。

食品100g中のカルシウム量については、言わずもがな。
存在していても、それだけ毎日食べられなければ意味がない。
(日常食べる分量で言うべき。)

*  *  *
どっちを信じたらいいのか、ということだが、とりあえず上の部分を読んだ限りでは、「モー毒」を書いた先生の方が先走りすぎ(まず結論ありき、で書いている)という感がある。
しかしそれも、自分でしっかりと判断した後でなければ、結局どっちかを「信じている」のに過ぎない。
いずれにせよ、きちんとしたソースがあれば、先生の解釈が正しいのか、それとも先走りすぎなのかの判断ができようというものである。

ブログには何を書こうが自由なのだが、信憑性のあることを書こうと思うなら、「だれだれ先生がそう言ってた」だけでなくきちんとその元ネタを調べてみることが必要だと思う。
元ネタをたどれないような書き方をしているものは、信憑性が低いものとみなすつもりだ。

あと、「〜とされる」「〜といわれている」という語尾の不確かさも気になった。
これには「主語」がない。誰がそう考えているのか、誰がそういっているのかがないのだ。
ないから、なんにでも使える。ひとりしか言っていなくても「〜といわれている」はウソにはならないのだ。極端な話、「私によって(そういわれている)」と補ったっていい。
これにも、誰がそういっているのかの主語が欲しいところ。

ソースをいちいち明らかにするのはめんどくさいことは確かだが、不確定な説をあたかも確定した説のように広めないためにも、引用元や情報源を明らかにする作業はなるべくしていきたいと思っている。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
健康情報のウソ・ホント〜その3〜 マクロビオテック初心者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる