マクロビオテック初心者

アクセスカウンタ

zoom RSS バースデーケーキ〜豆腐クリーム初成功〜★★★

<<   作成日時 : 2009/05/08 14:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

うちの末っ子が2歳になりました。
まだ離乳食期間中のこともあり、生クリーム解禁は早いと思っていつもの豆腐ケーキを焼きました。
(デコレーションは小3の姉ちゃんによる)
画像

小学生の兄ちゃん姉ちゃんは、別の機会に外で本物の生クリームケーキを食べに連れ出しています。
家のバースデーケーキは基本的にこれ。

画像


今まで3人の子どもたちの誕生日のたび、豆腐クリームケーキを焼いてきましたが、実は豆腐クリームが搾り出し袋でデコレーションできるくらいに固くできたのは今回が初めてでした。
以前はこんな感じ(まあこれは豆腐の水切りが数時間だけだったこともあるけど)

画像

でも今回は
画像

全然違うでしょ?

私のレシピはホテル・ウエスティンナゴヤ・キャッスル総料理長の大高恒夫シェフによるもの。
(『砂糖を使わないケーキと焼き菓子』(主婦と生活社)参照)

豆腐を丸一日水切りすることは前提として、
少しレシピを変えました(使う豆腐の種類によっても、多少分量が変わってくると思います)。

木綿豆腐(丸一日水切りし、熱湯にくぐらせたもの)500g
水 150cc(本では200cc)
メープルシロップ40cc
米あめ100g
寒天パウダー4g(本では2g)
自然塩少々
なたね油(無色)大さじ1
レモン汁 大さじ1
バニラエッセンス(本ではバニラビーンズ)

そしてさらに今回気づいた大事なポイントは、
水、メープルシロップ、米あめ、寒天パウダー、自然塩をなべで煮溶かすのですが、そのとき弱火で攪拌しながら、1分くらい沸騰させ続けることです。

これは、寒天料理を作るときは必須なのですが、忘れていました^^;
見た目は溶けていても、1分くらい沸騰を続けることで、より完全に溶かすことができます
あとはなたね油を少しずつ加えて攪拌し、乳化する。
フードプロセッサーにかけた豆腐半量強とまぜて、裏ごしする。
残りの豆腐とレモン汁をフードプロセッサーにかけ、混ぜ合わせ、バニラエッセンスを加える。


豆腐クリームの味になれてきたのか、子どもたちはケーキをペロリ。
2歳のちびちゃんもよろこんで完食しました。
ま、甘党の義母に言わせればこれはクリームじゃなくてただの豆腐なのですけど。(^^;

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バースデーケーキ〜豆腐クリーム初成功〜★★★ マクロビオテック初心者/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる