トマト味噌ソースのピザ

画像

というわけで、下でご紹介したトマト味噌ソースをのせたピザを、翌日作ってみました。
ピザ生地は、強力粉でチャパティを焼いて作ったのですが、ちょっと噛みごたえありすぎ(^^;
小麦粉で作った方がよかったかな?と思いました。
(参考図書には、簡単ピザ生地の作りかたも載っています)
今度そっちで作ってみようかと思います。

でもピザソースとしても、トマト味噌ソースはおいしかったのです。
好みでオレガノをふって。
今度はパスタにからめてみたいです♪
トマト缶はよく買うのですが、やはり旬だから、生の完熟トマトを使って作ってみたいですね。

参考図書:「野菜だけ?」大谷ゆみこ著

この日の献立:ピザ、大豆タンパク薄切りの照り焼き、おかひじきのサラダ(←おかひじきは、野菜嫌いの子どもも大好きなのです)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アグネス
2006年06月22日 19:45
大谷ゆみこさん「野菜だけ?」という本は、なにやら気になりますね~。
なぜか値段も高いところが泣けますが(苦笑)。ウチとこの図書館にはとりあえず置いてありませんでした・・・。
この本について、その他、思うところ、書評ありましたら宜しくお願い致します☆
主婦
2006年06月23日 10:03
実はいろいろ買ってみて、個人的にはこの本が一番使いやすいかなと思って、片っ端から作ろうと意気込んでいます。(笑)料理本や料理家にも自分との相性がありますよね。
もちろん他の本もいろいろおいしそうなのがあるんですけど、私の基準は「材料の種類が比較的少なく」「調理法が簡単」「リピート性が高い(何度も作りたくなる、また食べたくなる」といったところです。味との相性もあり、まずはレシピ通り作ってみてから、自分ち好みの味に変えればいいんですけどね。
私は料理家では小林カツ代先生と小林ケンタロウ先生を師と仰いでいます。(笑)味の相性とリピート性の高さが。でも栗原はるみさん派ももちろんいるわけで、そこはやはり、個人の好みでしょうね。