車麩とごぼう(と人参、こんにゃく)の味噌煮

画像

車麩料理です。本の写真のように見た目が美しくないのですが(^^;;;
車麩の揚げ焼きばかりの料理を試してきたので、ヘルシーな煮物もやってみようと思って作りました。本ではごぼうと車麩だけでしたが、家にあった人参とこんにゃくの細切りも加えました。

ごぼうは皮付きのままささがき、人参千切り、こんにゃくは塩で揉んで一度ゆでてから細切りにします。
ごま油でごぼうをいい香りがするまで炒め、残りの材料を入れて炒め、車麩を戻さずそのまま入れて炒め(大きいのは1/4に切って)ます。昆布と水を入れ煮立ったら中火、ふたをして煮汁が半分になるまで煮ます。
味噌をのせて煮汁がなくなるまで煮てから(途中かきまぜない)、仕上がりにまぜて味噌をからめてできあがり。

味は・・・ちょっと薄味かな?と思いました。しょうゆを少し足すといいご飯のおかずになるかも、と思いましたがこれは個人的な好みです。まあ薄味の方が身体にはいいですね。いろいろ入れたので車麩の存在感は薄かったのですが(笑)おいしく食べられました。
野菜嫌いの子どもたちも車麩と野菜少々は食べていました。
今度は(本にはないけど)普通の車麩の含め煮も作ってみたいです。

参考図書「野菜だけ?」大谷ゆみこ著
この日の献立:車麩とごぼうなどの味噌煮、きゅうりとじゃが芋の白酢クリーム(後述予定)、ごまだれ麺

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アグネス
2006年06月23日 14:06
料理本についてのレス、ありがとうございました~☆
やはり「野菜だけ?」はパンプキンさんもお気に入りのご様子ですね!・・やっぱり買ってしまおうかしら・・マクロビレシピ本はもうわたしも4冊も買ってしまったので、主人の目が怖いのですが・・(苦笑)。
料理本(家)との相性ってありますよね、確かに。わたしも栗原はるみさんとケンタロウさんの本を持っていますけれど、どっちか言うと、栗原さんの方が合うかしら? 調味料とかの配分は好みどおりにいかないのが普通と思っていつも調整を試みるのですが、ちゃんとメモしておかないと次のときにまた失敗したりします(苦笑)。
マクロビ志願者としては、栗原さんの本もケンタロウさんの本ももうあまり使えなくなりましたけれどね~。でも、練りゴマは栗原さんに教わってもともと持ってました☆
パンプキン
2006年06月23日 14:35
おお、アグネスさんは栗原さん派ですか。若くておしゃれな女性の多くは栗原さん派がけっこういる感じですね。
4冊お買い上げになったのですか。それはけっこう値がはりますね。まあアグネスさんと私の中ですから気になる料理がありましたらいくらでもメールにてお教えしますのことよ。
練りゴマはいいですよね。子どもたちも早く朝食のパンにマーガリンから練りゴマに移行してもらいたいと思うのですが・・・無理かしら?(^^;