高野豆腐の磯部焼き★★

画像

高野豆腐、うちの地方では「しみ豆腐」と言います。寒いことを「しみる(凍みる)」と言いますが、それと関係あるのかな。
これは子どもたちもけっこう文句を言わずに食べる一品。(笑)マクロビを始める前は鶏ささみで作っていたものを、高野豆腐に置き換えただけです。
高野豆腐って、ホントに鶏ささみの味わいですね。

作り方
高野豆腐は、もどさずにだし汁にしょうゆを少し入れた汁を煮立てた中に入れてもどします。
あら熱がとれたら、半分に切り、その厚さを半分にそぎ切りにします(厚みを薄くするのがこの料理のポイント)。
さらにそのまた半分の厚さに包丁を入れ、途中でとめます(切りこみを入れるという意味。離れてしまわないように)。
そうしたら両手の間に高野豆腐をはさんで、ちぎれないようにそっとぎゅーっと押して、汁を押し出します。
切り込みをあけて、中に味噌を塗ります(けっこうしっかり塗っても大丈夫)。
片栗粉をまぶし、のりをまいて、フライパンで上下を焼きます。

食べてみると、ささみみたい~♪
ま、うちの子は高野豆腐好きなので助かります。

この記事へのコメント