ビシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ。豆乳使用)

画像

写真ではよくわからず「とろろですか?」という感じですが(笑)おいしくできました。
暑いので子どもたちがみそ汁をあまり飲まなくなってきて、野菜スープにしたりいろいろ趣向を変えています。
このじゃがいもスープは子どもたちに大好評で、まったく豆乳臭さがなく、珍しくふたりともおかわりしました。

じゃがいも3つの皮をむいて一口大に切り、たまねぎ半分を薄切りにします。
じゃがいもとたまねぎを鍋に入れ、水2カップ、欧風だしひと袋、あればローリエ1枚いれ、蓋をしてじゃが芋が柔らかくなるまで煮ます。
火をとめてあら熱をとったらローリエを取り出し、半分に分け、それぞれに豆乳1カップずつ加えてフードプロセッサーにかけます。(半分に分けるのは、溢れないため)
また火にかけて焦がさないように混ぜながら弱火で煮立て、塩こしょうで味付けします。

たぶん似たような感じでかぼちゃのポタージュも作れると思うのでまた作ってみたいです。
(子どもはかぼちゃスープが大好きなので)

小林カツ代先生のレシピをマクロビ仕様に変えました。
(欧風だしについては、「食材」のカテゴリをごらんください)
この日の献立・・・ビシソワーズ、厚揚げと蒸し野菜のトマト味噌ソースかけ(キャベツ、人参、玉ねぎ)、おくらのおひたし、玄米ご飯、野沢菜漬け(市販品)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント